五葉松の芽切り(折り)   

つい最近まで寒いなんて言っていたのに、今度は急に暑くなってきましたね。
鳥栖では今日28℃まで気温が上がり、暑さに耐えられず今年初の半袖短パンで日中をやり過ごしました。
盆栽の新芽達もぐんぐん伸びてきており、遅れていた分をしっかり取り返してきているようです。
それと同時に虫たちも活発に活動を始めているようなので、こちらもしっかり対策をとっておく必要がありますね。



さて今日は五葉松の芽切りを紹介しますが、写真でみていただいて分かるように
a0162562_22452819.jpg

ピンセットで挟んで
a0162562_22452869.jpg

ポキッといっただけです。なので芽折りともいうそうです。
ポイントは①1か2節残して折ること。
②同じ箇所から3芽出ていたら真ん中は全部取り、両サイドを①と同じようにやること。
③伸びてきたらまた同じ作業をする。
と言った感じです。
五葉松は黒松などと比べてサイクルが一月程早いそうで、中でも特に瑞祥は芽が伸びる時期が早いので、1番に作業を行っていました。


余談ですが、今からの時期どんどん増えていくコケについて豆知識です。
a0162562_22452933.jpg

こちらは地面にびっしり繁殖したゼニゴケです。庭の美観的に悪いですし、すぐに増えます。こいつには尿素をまいておくと窒息して枯らすことができます。
a0162562_22452965.jpg

鉢内の登ってくるコケもせっかくの木の見た目を損ねるのでマメにとっておきたいですね。こちらにはお酢を吹きつけておくと効果があります。
是非試して見てください!
(僕もまだその後の経過は確認中ですけどね・・・)
[PR]

by daijuen | 2012-04-24 22:43 | マスオさんの盆栽修行日記

<< 岡崎緑風盆栽展 嵐の後に >>