申し訳ありません。   

霜降(ソウコウ)は、二十四節気の第18。

先週月曜日でした。


今日だと勘違いしてました。すいません。





露が冷気によって霜となって降り始めるころだそうです。

楓や蔦が紅葉し始め、霜降と立冬までの間に木枯しと呼ぶ寒い北風が吹くといいますが、三日前に近畿と東京地方で「木枯らし1号」が吹いたとの発表がありました。昨年より1日早いそうです。

木枯らし1号というのは、近畿と東京でしか観測してないんだそうです。
他の地域でそれと同じ要件を満たしても、桜のように木枯し前線と認定、発表することはないのだとか。

ちなみに近畿、東京と同じく東海三県も木枯らし1号と認定するのと同じ気象条件になっていたそうです。



展示会シーズン真っ只中の大樹園は準備、手入れで忙しない事になってます。

今は11月4日から6日までの五万石展の準備です。

また改めて投稿します。。

明日のために、寝ます(`_´)ゞ失敬。
[PR]

by daijuen | 2011-10-30 23:43

<< 五万石展 葉刈り(竹) >>