鏡開き   

鏡開きは正月に年神様や仏様に供えた鏡餅を下げて食べる美味しい年中行事です。
神仏に感謝し供えたものを頂いて無病息災などを祈り、多くの場合、お汁粉やお雑煮で食べますかね??




武家社会の風習が一般化したものだそうですが、具足に供えていたお餅を雑煮にして食べる事を「刃柄(はつか)を祝う」といったそうです。
女性が鏡台に供えた鏡餅を開く事を「初顔を祝う」と。。

いろんな疑問が浮かぶのは私だけでしょうか??

江戸時代の正月は戦も正月休み…。ないですよね??

「初顔を祝う」まで、女性は化粧をしなかった…。イヤ~。。

「刃柄」も「初顔」も「二十日」にかけた縁語みたいですが、現代の鏡開きは1月11日ですね。

故郷によっては二十日に行うところもあり、京都近辺では1月4日が主流だとか??

大切なのは年神様へのお供えが松の内(1月7日)に終わったあと、神仏に供えたあとだということでしょう。。


元来、松の内が終わる小正月(1月15日 (旧暦))後の1月20日 (旧暦)に行われていたそうですが、徳川家光が亡くなったのが慶安4年4月20日 (旧暦)のため、1月20日を忌日として避け、後に松の内後の1月11日 (旧暦)となったとか。。

新暦になった現在、松の内が1月15日の地方では1月20日(二十日正月)に行われているそうです。

ここへきて、京都の4日がだいぶ謎めいてきました。。

なぜ4日??

宮廷は神仏の上を…、わからないので、ほったらかします。

武家伝来の風習がためか、お供え物を刃物で切るのは切腹を連想させるようで、手や木鎚で割り、「切る」「割る」という言葉ではなく、「開く」という言葉を使用するそうです。鏡は円満を、開くは末広がりを意味しているそうで、また、鏡餅を食すことを「歯固め」といい、これは硬いものを食べ、歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈るためだとさ。。

お汁粉もお雑煮も、硬い餅が入ったものに巡り合ったことはありませぬが??

どこかで慣わし通りの験担ぎができますか??

あまり求めてはいませんが。。
[PR]

by daijuen | 2012-01-11 20:02

<< 銘風展 搬入日 いい事ありました。 >>